スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部への弾圧を許すな!

5月11日、関西地区生コン支部に新たな権力弾圧、支部役員ら13人が不当逮捕されました。許すことが出来ません。

関西地区生コン支部の昨年の大手ゼネコンを徹底的に追いつめた長期スト。これに対する大反動です。
同時に、昨年の「4・9政治和解」攻撃と対決し、6月「国鉄闘争全国運動」を立ち上げ、動労千葉とともに闘ってきた戦闘的労働組合への弾圧です。

いよいよ6・5国鉄闘争全国運動大集会が決定的になりました。
「すべての原発止めよう、震災解雇を許すな」の怒りをひとつに、いよいよ国鉄闘争全国運動が大きな結集軸として登場するときです。


動労千葉を支援する会、ともに闘う国労の会をはじめとして、国鉄闘争全国運動を職場・地域で大胆に組織しよう。

======

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部

【緊急報告】
http://www.kannama.com/index-2.html
2011年5月11日

みなさまへ

全日本建設運輸連帯労働組合
書記長小谷野毅

 
関西地区生コン支部に新たな権力弾圧
支部役員ら13人が不当逮捕

前略
本日朝、当組合の関西地区生コン支部に対し、新たな権力弾圧が加えられました。

高副委員長を含む役員と組合員が13人も逮捕され、支部事務所にもテレビカメラ付で家宅捜索が行われました(昼のテレビニュースでは、自宅で早朝に逮捕、連行される組合員の姿まで報じられました)。

被疑事実は、昨年5月14日に関西宇部株式会社に対してとりくんだ抗議行動を指して「威力業務妨害だ」としたもの。同社はセメントメーカー宇部興産の直系 子会社で、3年前から春闘で交わした労働協約の履行をめぐり労働争議が続いており、協定履行を求めた08年7月の抗議行動が威力業務妨害だとして09年2 月に刑事弾圧事件がしくまれたことがあります。今回はこれに次ぐ2度目の弾圧となります。

関西宇部の代表取締役、木村貴洋は今年4月に大阪広域協組理事長に就任したばかりですが、就任にあたって、「長期ストで失われたゼネコンからの信頼回復に 全力でとりくむ」と挨拶しました。長期ストとは、昨年7月~11月の4カ月間、中小企業と労働者がからだを張って、生コン販売価格の適正化を実現したたたかいを指しています。いったいどちらを向いて所信表明をしているのかあきれた話ですが、いずれにせよ、今回の弾圧は、木村理事長がいうところのゼネコンに 対する信頼回復の第1弾ということなのでしょう。

われわれ連帯労組は、仲間の早期奪還に努力するととともに、怒りに燃えて反撃を開始します。引き続き続報をお送りしますので、関心をお寄せください。とりいそぎ。

以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神奈川労組交流センター

Author:神奈川労組交流センター
FC2ブログへようこそ!

最新記事
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。