スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<原発とめよう!学習会 in 川崎>のご案内

<原発とめよう!学習会 in 川崎>のご案内

日時:2月19日(日) 午後1時30分より

場所:高津市民館・第2学習室
川崎市高津区溝口1丁目4?1 044-814-7603
JR南武線 武蔵溝ノ口駅、東急田園都市線・大井町線 溝の口駅下車 徒歩2分
http://www.city.kawasaki.jp/88/88takasi/home/access.html

内容
DVD上映(約45分)と意見交換
『原発導入のシナリオ~冷戦下の対日原子力戦略~ 』

1994年放映 NHKドキュメンタリー「現代史スクープ・ドキュメント」

問い合わせ
とめよう戦争への道!百万人署名運動川崎連絡会
080-5641-7672 池上
メール:kawa100@a01.tscom.net


1953年、米ソで水爆開発が進む中、アイゼンハワー政権は、原子力平和利用を促進することで軍縮が実現できるとして、同盟諸国に原子力情報の公開と濃縮ウランの供給を提案した。その裏には、ソ連に対抗して西側の結束を図ろうとする意図があった。
「毒をもって毒を制する」第5福竜丸事件で反核・反米の世論が高揚する中、日米が協力し民間から行った世論形成の全貌を明らかにする。

アメリカの水爆実験から半年後、第五福竜丸の船長だった久保山愛吉さんが死亡。
64c87557.jpg


 フクシマ原発事故以降の現在ですら、「原子核エネルギーの平和利用と核の軍事利用は別ものだ!とする、誤った見方が支配的です。しかし、そうした見方は、全く間違っており、両者は表裏一体米国核軍事戦略構想の下で押し進められていたことを如実に示している。我が国の反核世論を潰す目的で、「原子力の平和利用」という幻想と美名の下に原発導入が図られた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神奈川労組交流センター

Author:神奈川労組交流センター
FC2ブログへようこそ!

最新記事
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。