スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川でもレール破断

市営地下鉄レール破断、運休などで6万人に影響

神奈川新聞から  2月8日(金)

 横浜市交通局は7日、市営地下鉄ブルーラインの関内-桜木町間で上り線のレールが破断し、午前9時から同11時10分まで伊勢佐木長者町-横浜間の上下線で運転を見合わせた、と発表した。レールは補修し運転を再開。同日の営業終了後にレールを交換する。

 同局施設課によると、破断していたのは関内駅から約500メートルの上り線左側のレール。鉄製のレールが真っ二つに破断し、左右に数ミリずれていたという。原因は調査中。

 営業開始前の午前5時10分ごろ、回送電車が当該箇所を通過する際に停止信号を受信した。司令所でレールを流れる電気信号に異常が発生していることを確認し、緊急対応チームを派遣。破断箇所を発見した。

 同局は午前9時10分ごろから約2時間かけてレールを補修。運転を見合わせた区間では、市営バスによる振り替え輸送を行ったほか、横浜-あざみ野、伊勢佐木長者町-湘南台間でそれぞれ折り返し運転を実施した。全区間、一部区間合わせて上下線計46本が運休するなどし約6万人に影響した。

 同課の佐々木雅彦課長は「破断は人為的なものではない。海に近く、塩分を含んだ水が漏れる区域であることも影響しているのではないか」と話している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神奈川労組交流センター

Author:神奈川労組交流センター
FC2ブログへようこそ!

最新記事
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。