FC2ブログ

篠田常木さんを偲ぶ会を開催しました

8月18日、夕方、篠田常木さんを偲ぶ会を、川崎市内で開催しました。

会には、職場でともに闘ってきた同志、篠田さんを知る仲間、さらにご遺族のご参加で、篠田さんを偲び、闘いを受け継いで闘うことを誓いました。

IMG_20180818_183810_20180819082132_convert_20180819082310.jpg

IMG_20180818_201311_20180818224251_convert_20180819081740.jpg

篠田さん 略歴

1940年2月29日 高知県生まれ。
1955年 中学卒業後大阪で働きながら府立天王寺高校定時制に学び、59年京都大学文学部入学。60年安保闘争を闘う。大学は59年退学。
1962年 富士通信機(現「富士通」・川崎市)に就職。ただちに労働組合活動に参加。
マルクス主義青年労働者同盟に加盟。横須賀闘争、砂川闘争、日韓闘争、ベトナム反戦闘争を闘う。70年安保・沖縄闘争を川崎地区反戦青年委員会代表として闘いぬく。
1971年富士通を退社。
1974年 長谷川製作所(現「ハセテック」・横浜市)に就職。横浜支部支部長、中央本部委員長・書記長など25年間。労働組合の中心で闘い続ける。1999年11月全国労働者集会(日比谷野音)には横浜支部組合員の丸ごとの参加をかちとった。99年、ハセテックを定年で退職。
2000年以降は、「とめよう戦争への道!百万人署名運動・神奈川県連絡会」の責任者として闘い、街頭を職場として、1000万と結びつく実践を開始した。とりわけ、2011年3・11以降、原発事故の現実と闘う福島の怒りと、どこまでもともにあり続けるために、街頭で訴えた。

・ヲ遽逕ー縺輔s霑ス謔シ譁㍉convert_20180819081849
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神奈川労組交流センター

Author:神奈川労組交流センター
戦争は絶対に許してはならない!
「労働者が団結すれば戦争は止められる!」
労働者の未来を自分たちの力でつくりたい!

最新記事
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
FC2カウンター