スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての原発とめよう 7月神奈川各地での学習会 案内

6・19すべての原発とめようフクシマ行動は大成功しました。

私たちは、引き続き神奈川において、反原発のうねりをさらにさらに大きくしていきたいと考えています。

各地区でさまざまな学習会が企画されています。

明日3日には川崎で、4日(月)には川崎京浜地区で、それぞれ行われます。

多くの皆さんのご参加を。

原発とめよう!学習会in川崎 第2弾
「原発とめたら電力が足りないのウソを暴く」
7月3日(日)午後1時30分
川崎市・多摩市民館
4F第6会議室
川崎市多摩区登戸1775-1(多摩区総合庁舎内)
電話 044-935-3333

講師 井上雅隆(元電機労働者)
何度も繰り返される「原発とめたら電気が足りない」という言葉。実は、ここに電力会社と政府のとんでもないウソが隠されているのです。
マスコミや学校教育を総動員してウソを流してまで、なぜ政府や電力会社は原発政策をすすめてきたのか?
ぜひ一緒に学習しませんか?
だれもが知りたい基本的なことを、とてもわかりやすく解説していただきます。お友だちを誘ってぜひ来て下さい。
よびかけ:
とめよう戦争への道!百万人署名運動・川崎連絡会
連絡先 080-5641-7672(池上)

11070川崎


原発とめよう!学習会
7月4日(月)午後6:30~
川崎・プラザ大師(実習室)
川崎市川崎区大師駅前1-1-5 川崎大師パークホームズ2F
※京急大師線「川崎大師」駅徒歩5分
電 話 044-266-3550
 
講師:中村省造さん
(大阪大学工学部原子力工学科卒業後、一時期富士電機で原発のモニタリングの仕事に従事)

よびかけ:京浜労働者交流会
■横浜市南区山王町2-16LM吉野町第5・403号 TEL045-242-1055
■Email☆keihin-workers-4991@softbank.ne.jp

放射能汚染で出荷ができない農民や酪農家が自殺に追い込まれた。今日も福島の子どもたちは表で思いっきり遊ぶこともできない。高濃度の汚染物質を垂れ流しながら収束のメドも立たない福島第一原発。
命の危機にさらされながらも必死に危機と立ち向かう原発労働者。なのに自己保身たちばかりの政治家たち。この社会はもう根本的におかしな方向に向かっている。
でもいま、少しずつうねりが始まっている。
原発のことだけじゃない。働くこと、生きていくこと、つながっていくこと、自分になにができるか考え始めた若者たちが、少しずつ動き始めている。
放射能なんかに未来が奪われてたまるか!
はじめよう。まず知ることから。

20110704京浜
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神奈川労組交流センター

Author:神奈川労組交流センター
FC2ブログへようこそ!

最新記事
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。