《原発推進の社会をつくれ!》と絶叫する右翼を圧倒する11・6日比谷への結集勝ち取ろう

当日の日比谷公会堂は、右翼「けんむの会」との激突戦場に!

 《日本国憲法無効宣言、原発推進の社会をつくれ!》と絶叫する右翼「けんむの会」が、11月6日日比谷公会堂で「国民救出、領土奪還、憲法復権」を掲げた国民大集会・大行進を行うことが明らかになった。

 この右翼の跳梁跋扈は、福島第一原発はよりいっそう深刻な事態になっているにもかかわらず、「除染」「避難地域解除」「事故収束」キャンペーンで原発再稼働を狙う野田政権の暴力的な攻撃と完全に一体だ。原発再稼働、TPP推進、沖縄辺野古新基地建設とあえて非和解的な対立を出してきた野田政権。この労働者人民に対するむき出しの攻撃は結局は破産した新自由主義攻撃をよりいっそう労働者への搾取・収奪として強める以外ないということを示している。支配階級も何か展望があってやっているのではない。

 このときにわれわれが本当に原発、外注化、非正規職化へのあふれる怒りを本当に組織できるならば、敵の攻撃を打ち破り労働者人民の勝利を切り開くことができる。

 11・6当日をめぐる反革命右翼との激突情勢はそのことを鋭く示している。問われているのは福島の怒りを封じ込め原発を推進するような輩をどうして許せるのかという根底的な根源的な怒りだ!

 残り3日間をもう一度もう一回りの仲間に訴え、大結集を勝ち取ろう! 

日比谷への万余の結集が間違いなく労働者の未来を開く歴史的な日となる。

とことん職場・地域で仲間を組織し、団結を作り出し、大結集を勝ち取ろう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

行ってよかった!

今日はおつかれさまでした!
みなさんの思いは、熱い!熱い!本当に一体になりましたね!
行って本当によかったです!

こちら↓の情報の更新もよろしくお願いします!

第5回 原発なくそう!学集会inYokosuka
福島のお母さんを囲んでトーク

今回は、福島第一原発事故後、お子さんを放射能から被爆から守るために
福島の実家がある神奈川に非難し、生活されているお母さんに話をしていただきます。

3・11大地震と原発事故のとき、福島はどういう状態だったのか。
その時、何を考え、思ったのでしょうか。
何よりもおこさんのこと、家族が離れて暮らすこと、これからのこと、そして今考え思うこと・・・・

11月12日(土曜日)
14時~16時半
場所 ヴェルクスよこすか 第2研修室
横須賀市日の出町1-5

No title

連絡ありがとうございました。

遅れましたが、11月12日の学習会案内をアップしました。

よろしくお願いします。

管理責任者 上田

No title

更新ありがとうございましたm(_ _)m

No title

折角更新して頂いたのですが、私のミスで学習会が学集会になっていました。
時間のあるときで結構ですので修正よろしくお願いしますm(__)m
後でTwitterにDMします
プロフィール

神奈川労組交流センター

Author:神奈川労組交流センター
FC2ブログへようこそ!

最新記事
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
FC2カウンター